今と昔では全然違う?時代に合ったSEO対策の方法とは?

SEO対策

コンテンツ

まだまだ必要なSEO対策

検索エンジンの進化と共に、SEO対策は過去のものとなったと言われる事も多くなりました。確かに最近ではSEO対策をしなくても、検索サイトの上位に表示されるサイトも増えてきています。しかし、全てがそうでは無いというところがポイントです。上位表示されている全てのサイトが、全くSEO対策していないというのならSEO対策には全く意味が無くなったと言って間違いはないでしょうが、実際はそうはなっていません。ですのでまだまだSEO対策は必要だと言っても良いと思います。
特にSEO対策の基本は、今でも大きな効果を得る事が出来る言えます。ページタイトルにキーワードを入れる、画像にしっかりとalt属性を付けるなどは必ずやっておいた方が良い事です。特に画像にalt属性を付けるのは必須です。検索エンジンは貼られた画像が何の画像なのかを理解出来る程進化してはいません。ですので、ちゃんと何の画像なのか、何に関連しているのかなどを知らせてあげるのは必須です。
ただし、自サイトをアクセス解析などで見て、検索サイトからの訪問者よりSNSなどからの訪問者の方が、圧倒的に多いという事になるとSEO対策に力を入れなくても良いかも知れません。SEO対策に力を入れる事とで訪問者は増えるでしょうが、それよりもSNSで魅力的な記事を投稿するようにした方がその数は多くなるのではないでしょうか?

メジャーなキーワードでのSEO対策は無駄

SEO対策をする時に何かキーワードを決めてから始めると思いますが、その時に気を付けて欲しいのがメジャーすぎるキーワードは使わないという事です。ハッキリと言ってメジャーなキーワードでのSEO対策は無駄です。これは自分でSEO対策をする場合も、業者に依頼する場合も同じです。良心的な業者でしたらキーワードを変える事をオススメされると思います。
何故メジャーなキーワードでのSEO対策が無駄なのかというと、答えは単純です。ライバルが多すぎるんです。同じキーワードでSEO対策している人が多いという事は、完璧にSEO対策をしても検索サイトの上位に表示されるという事は難しくなります。そこには今までの実績なども関係してきますので、新規サイトなどはまず上位表示は望めないと思って良いと思います。
ですので、SEO対策をする場合は隙間を狙うようなキーワードを選定する事が何よりも大切になります。もちろんマニアック過ぎて検索サイトに打ち込まれないようなキーワードでは意味がありません。メジャー過ぎずマイナー過ぎない、そんなキーワードを考えるのはとても時間が掛かるものですが、それが考え付けばSEO対策のほとんどが出来たようなものです。ですので是非そこに力を入れてみて下さい。

SEO対策の今と昔の違いについて

インターネットはITバブルと言われた頃に始まりました。その当時はネット接続料金がまだ高い頃で、加入をするのは時期尚早と考える人々が多かったです。ネットにサイトを構築する人も中にはいましたが、高い効果を得るには至りませんでした。SEO対策という言葉はまだ生まれていませんでした。理由は全体的にサイトと利用者が少なかったので、集客する必要がなかったからです。
ITバブルから数年後、ネット料金の引き下げにより利用者が次々に増えていく現象が起きています。その動きに合わせるかのように、ネットにサイトを設置する企業が相次ぎました。SEO対策という言葉もこの頃に生まれ、企業間の間で盛んに提唱されるようになっています。
個人の間でブログを始める人が出てきました。ただ、個人のSEOへの認識はまだ薄く、自由に生活のことを書くだけの人がほとんどでした。現代のネット利用者は日本全体で9割以上になり、企業のほとんどはネットにサイトを設置しています。企業だけでなく個人のブログもネットに溢れているので、SEO対策をしないと検索エンジンに表示されない事態に陥っています。
個人もSEO対策を始めています。ブログに訪問者を集める目的で、SNSやニュースサイトから情報を入手して記事を書く人が多いです。

新着記事リスト